続けるべきか、諦めるべきか迷ったときに考えるべきの3つの質問

 

どうもウノモトです。

何事も継続が大事とは言います。それはその通りです!成果が出るには時間がかかります。最初からうまくできる人はいません。しかし続けるにはそもそもどうすれば良いんでしょうか?

さらにもう一つ僕たちの多くが抱えている問題があります。それは「何を続け、何に見切りをつけるべきか」ということ。まだこの問題を意識しているだけでも進歩的かもしれません。それだけ、重要な問題なのです。

続けることとは、すなわち時間をかけて行うことであり、それは自らの人生の時間を削ってまでやるべきことなのか?という究極的な命題にまでたどり着くようなテーマであるからです。

この一連の「続けるべきか、続けないべきか」問題に対する僕自身の考えを書いていきます。3つの質問を考えました。これらによって、何か見えてくるものがあれば幸いです。

 

質問1|情熱を感じるものは何か?

1つ目に確認したいことは、あなたにとって、日々の生活の中でやっていて楽しいことです。それに対して人に譲れないような情熱を持って接していますか?

仕事でも勉強でも、趣味でも何でもいいです。そういうものがあったら、まずもってやめるべきではないでしょう。

当たり前のことですが、あなたの「好き」に代わる財産は他の人間が持ち合わせている可能性は低いからです。それはかけがえのないものです!何としてでも、死守して続けるべきなのです。

逆に言えば、好きでもない、ただ生活のためだけに続けているような仕事はとっとと辞めてしまいましょう。

参考:バイトも仕事も、向いてないと思ったらすぐやめるべき。理由は「合わない」で十分でしょ?

お金の心配なんてしなくても良いのです。お金は節約さえできれば、生きていくぶんには事足りません。問題なのは、自分がすり減っていくような物事を惰性で続けるような生き方ですよ。

参考:お金なんて必要ない!生きるのがラクになるこれからの考え方をシェアしたい

 

質問2|何か目的があるのか、それとも「とりあえず」やっている感じなのか

すこし質問の難易度が上がります。あなたにとって、今やっていることの出口はどこですか?それとも目の前の物事だけを見ている状態ですか?

例えば、多少勉強が疲れることだったとしても、何か成し遂げたいことがあって、そのために資格の勉強しているとか、そういう取り組みを続けているのなら、イイ感じですよね。この場合は、ただ単に好きなことをするよりも幸せを感じることも多いと思うのです。

 

「とりあえず」やっている感じ、というのは、何か目的があるわけではなくそのときそのときの好きなこと、興味のあることに何個もトライしていって、まあまあ楽しくやってる、とい状態も含みます。

やっていることの出口は見えないけれど、たしかに充実感があるように見えます。でもときどきちょっと人生に悩むというような。端的にはモラトリアムとも言うことができるでしょう。

何か可能性が見えるものが見つかれば幸運です。あとはそれを熱心に続ければいいと思うのです。その他の、「刺激的だけれど、長期的には退屈な物事」には見切りをつけて、それだけに集中をするのです。

 

あるいは、「とりあえず」何となく生活を送って、たまにある刺激で退屈を紛らわすような生き方をしてはいませんか?もし、そうなのだとしたら危機感を持ったほうがいいです。なぜならそのままでは環境に幸福を左右されてしまうからです。

主体的ではない生き方には、軸がありません。そのぶん、世界に振り回されるばかりのスポイルされた生活に陥ってしまいます。

 

質問3|すべてはつながっているか?

最後に、自分に聞いておきたいことは、仕事や勉強、趣味、生活など、あなたの時間を割いて行っているすべてのことが、何か一つの物事に向かっているか?ということです。

それは言うなれば自分の根深くにある哲学です。いかなる大木も、根っこがしっかりしていなければ、その枝葉を伸ばしていくことはできません。

参考:【人生】何のために生きる?自分に哲学があってこそ、生活の幅は広がる

この哲学を見つけられるか、見つけられないかが、「一時的な刺激」ではない、本当の本当に広がりのある幸せを感じられるかどうかの分かれ目なんだと思います。

逆に言えば、この哲学の軸にのっとっていない物事は、潔くあきらめるべきなんです。この基準ができていれば、ほぼ迷うことはなくなると言えるでしょう。

刺激を求めることは確かにエキサイティングで楽しいですが、それは強固な哲学に裏打ちされた幸福が感じられるような生活には敵わないのです。

参考:幸せになるのを手放すと生活は豊かになる

 

以上が僕の考えです。シンプルなことですが、自分の判断基準が明確であればあるほど、続けることと諦めることの違いがはっきりと分かります。

質問1から3に進むにつれて、難易度は上がりますが、より強い判断材料を与えてくれるはずです。「好き」や「目的意識」は、人間の性質上、移ろいやすいからです。「哲学」こそがいちばん強固なものですが、まずは簡単なものから考えていくのも良いと思います。それらはまとめ上げることによって昇華されていきますよ。

それではまた。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です