掃除がとってもラクになる考え方。メンドクサイを手放そう!

 
どうもウノモトです。
 
キレイな部屋って文句なしに気持ちいいですよね。
 
やっぱり汚い部屋だと心も晴れやかにならないし、(これは分からないけど)運気も下がってしまいます。結果として生活に悪影響なんですよね。
 
分かるでしょう?でもこれが面倒くさかったりして、疎かになったりする。やらなきゃ、とは思うのだけど忙しい生活の中では意外と難しいことです(しかし家政婦を雇う選択肢は現実的とは言えません)。
 
家政婦も雇えず、掃除ロボットルンバも買えないそこのあなた。常に部屋をキレイな状態に保っておくための戦略を考えてみましょう。
 

 

掃除に対する間違った考え方

 
部屋がいつの間にか汚くなっている人には共通する特徴があります。それは掃除に対する考え方です。
 
彼らはこう考えています。
「掃除とは、汚れた状態をキレイな状態にすることだ」と。
 
実はこの考え方だと良くないんです。なぜなら汚れることが前提になってしまっているから。
 
汚い部屋が良くないから掃除をするというのに、これでは汚い部屋を求めてるようなものです。それって、ちょっとでも汚い状態が続くってことですよね?
 
汚い状態に気づいてすぐ掃除ができれば良いです。
しかし怖いのはこの汚い状態に慣れてしまうこと。
 
慣れてしまえば気にならない、なんて言わないでくださいね。気にならないだけで、知らず知らずのうちにあなたの生活の質は下がっているかもしれません。なんだかもったいないような気がしませんか?
 
 

掃除に対する考え方を変えよう

 
では、今日からは考え方を改めましょう。
こう考えるのです。
「掃除とは、汚れた状態になることを未然に防ぐことだ」と。
 
そう、掃除は汚れてからでは遅い。遅すぎます。
 
快適な環境を作るための原則は、ずばりデフォルトの状態をいかに保つか?ということに尽きます。そのためには元の状態に戻す行動として、こまめな掃除が必要になってくるんですね。
 

習慣化で掃除が圧倒的に楽になる

 
しかし掃除における一番の難関は、めんどくさいということ。
「ああ、掃除、やらなきゃ〜」となるからめんどくさい。めんどくさいから疲れる仕事になる。
なのでこの「やらなきゃ〜」という心理的な負担をなくすことが掃除を圧倒的に楽にします。
 
そのためにはつべこべ言わずにやる。どんな条件でもやるんです。つまり、掃除を習慣化するんですね。
 
例えばトイレを使ったら最後にトイレットペーパーで軽く便器を拭く。キッチンも使ったあとは最後に一拭き。起きたらまず布団をパタパタとはたく。
 
何かの行動に合わせて、掃除をするというプログラムを自分に入力しておくのです。
「もし〜だったら、〜する」の”if then”式ですね。
 
決まった時間に行うのも効果的です。
僕は朝の儀式という一連の習慣の中に「掃除機をかける」という行動を組み込むことにより、ホコリのたまらない部屋を手に入れました。おかげで身体がかゆくならずに済みます。急な来客も全然オッケーです。
 
 

掃除なんて意識しないのが到達点

 
究極の掃除上手は、「何も考えなくとも掃除が済んでいる人」です。
こうなると逆に掃除をしないことが苦痛になってるんですよね。人間は基本的に苦痛が嫌いですから、そんな人はほとんど条件反射的に手が動いていると思うんですよね。
 
息をするように掃除をする人。掃除という仕事から卒業するのが到達点なのかもしれません。そうなってしまえば掃除にかけていたエネルギーも、他のことに注げますからね。
 
でもまずは掃除に対する考え方を変えることです。そして少しずつ習慣化をして、掃除から解放されていってくださいね。
 
それではまた。
 
 
合わせて読みたい
 

www.unomoto3.com

  (ウノモト的片付け術。ここでも原則はデフォルトをキープすること)

 
 
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です