お金なんて必要ない!生きるのがラクになるこれからの考え方をシェアしたい

 

どうもウノモトです。
 
日本の皆さん、お金は好きですか?
僕もお金は大好きです。1億円あったら何に使おうかな〜とか割とけっこう考えてます。
 
でも最近思うのは、「実はお金って必要ないんじゃね?」ってことです。
 
何をトチ狂ったこと言ってんだって感じですがよくよく考えてみるとそうとも言えない気がしてきたので、インターネッツのエコシステムに一石投じてみたいと思います。
 
特に新しい価値観を持つべき若い世代には浸透していったらいいなという考えです。
 

 

そもそもお金ってなんだ

 
まず議論の前提として、お金、すなわち貨幣の3つの機能について確認しておきたいと思います。経済学や金融の世界で定義されているのが次の3つ。
 
  1. 価値の交換・支払いの手段
  2. 価値の尺度を示す
  3. 価値の保存・貯蔵
 
例えば、バナナが食べたいと思えばスーパーまで行ってバナナを買います(1)。
バナナにも色々あって、産地とか生産者によって値段が違っている(2)。
でもやっぱり食べなくてもいーやって思えば、バナナを買える分のお金が手元に残る(3)。
 
まあ僕たちは日常的にこれらの機能を使い分けながらお金を使ってるというわけです。
 
 

本当に必要なもの、大事なこと

 
で、こっからが本題。
 
以上で確認したように、お金自体は何の価値もないです。
価値があるのはモノやサービスで、お金はその価値を示しているにすぎないし、それらと交換できる手段になり得るという、ただそれだけのことなんです。
 
そして、もう一つの前提として、「我々が究極的に欲しているものは何か?」ということについて考えてみたいのです。
 
うーん、これは本当に哲学の話になっちゃうんだけど、そこまで行くと話がややこしくなるのでざっくりと言いますとね。おおよそ人間はそれぞれに幸福というか、快いものを欲していると思うのですよ。
 
でもってその幸福やら快楽ってのは人それぞれで、その人の脳みその傾向というか、性格や価値観。そんなものが絡んできて、色んな要因が起こった結果として人は幸せになるみたいな形になっていると思うんです。
 

人間と幸せをマッチングさせるのがお金

 
そして先ほどのお金の機能と照らし合わせてみると、どうもお金というのは僕らを自由し、幸せになるための手助けをしてくれる存在だと気づきませんか。
 
どうしたら幸せか?これはもう人それぞれです。
 
例えば僕の場合は、退屈しないということが幸せの一つです。常に新しい刺激に満ちていて、逃げ出さない程度にスリリングならとりあえずオッケー。生きていけます。
それを具体化したものが映画とか音楽だったり、新しい場所や情報とか人であったりするんですけど、そのための手段のひとつがお金なんです。
 
したがってお金それ自体を目的にあくせく働くということは僕にとってナンセンス極まりないことなのですよね。まあ今はフジロックに行くためにあくせく働いてますけども。
 
ただ、その幸せというのが漠然としすぎていて何だかわかんないから、漠然とお金を稼ごうとして消耗してる人が多いんじゃないかなと、思うんです。
 

お金は思ってるほど必要ないんじゃないの

 
また、お金は思っているほど必要ではありません。要これからの時代は特にそう。どんどんお金は要らなくなります。
 

必要最低限のライフコストは大した額じゃない

 
どこまでお金がなくてもいいか?まず必要最低限のライフコストを考えてみると、まあ家賃はややこしいので割愛しますが、その他の食費や生活費などの項目については切り詰めていけば数日ちょちょっと働けば稼げる額ですし、本当に1ヶ月1万円生活も非現実なものではないはずなんですよ。
 
僕も自分自身で最低限のライフコストを検証していて(ものすごく削ってきました)、家賃をのぞけば、今は月に4万円も稼げればやっていけるなというのが分かってきました。
 
でもこれには色んな活動のために使っているお金や娯楽費など削ろうと思えば削れる項目も含まれているので、実質ミニマルライフコストは1〜2万円くらいなんですかね。本当に少ない。これ、2日くらいみっちり働けば(そして最低賃金が守られていれば)まかなえる額ですよね。
 

モノもサービスも安くなっていく

 
そしてお金がかかりがちな娯楽など、ライフコストにプラスアルファのモノ・サービスに対する出費ですが、これもどんどん安くなっていくと思うんですよ。
 
それはやはりほとんどの産業において効率化・インフラ化が進んでいくからなんですよね。
 
今現在でもほとんどのモノ・サービスが安く、ほとんどタダ同然に手に入ります。
 
100円ショップなんて身近なものとして僕は育ってきましたし、食事だって栄養を摂る分には1月1万円もかからないんじゃないかなあ。
 
SpotifyやApple Musicなどストリーミング配信が浸透した結果CDは買わなくなりましたし、映画などのエンタメも定額で見放題です。YouTubeはMTVを駆逐してしまいました。カルチャー的なインフラも、かなりの低コストで整いつつあるように思えるんですよね。
 

ロボットに任せればいいじゃん

 
また、このままどんどん効率化・自動化が進んでいけば、ロボットやAIにすべて任せて人を雇わなくなることでしょう。
そうすれば浮いた人件費でモノやサービスはもっと安くできるし、ぜんぶ無料になる未来も否定できない。
 
となると、必要最低限ちゃちゃっと稼いであとはのんびり遊ぶなりして暮らす、みたいな生活が10年単位でやって来ていると言えなくもないですよね?
早計でしょうか?しかし21世紀の社会の変化スピードは近代のそれとは比べ物になりません。
 
 

じゃあ、なんで働くんだ

 
そうなると、働く意味ってますますなくなってくる。誰にでもできることなら、機械学習によってロボットにだって可能になる未来もそう遠くない(というかもう来てるのかも)。
 
多くの仕事は今後確実になくなっていくでしょうし、人間はもはや、以前のようにあくせく働く必要もなくなってくる。少し稼いで、あとは好きなことやっときゃいい時代が来つつあると思うんです。
 
以上に述べたことを整理すると、
  • お金は快楽・幸福実現の手段
  • 最低限必要なコストは少なく、すぐに稼げる額である
  • 必要に応じて稼げば良いが、モノ・サービスはほとんど無料に向かっている
  • お金が要らない時代に、(金銭面において)働く意味はあまりない

 

好きなことだけやってればいいでしょ

 
じゃあ、そんな時代において働く意味って、なんだ?と言ったら、もう、これは、「好きだから」に収束していく気がする。ただ単に面白いから、やってるんだっていう。 
 
そして好きを突き詰めた結果としてお金がちょっとでも入ってくれば(必要最低限という意味で)、それだけで暮らせることには暮らせるし、お金足りなかったら日雇いバイトでも何でもやれば良い。
 
たぶん、必要最低限くらいなら割と誰にだって簡単に実現できると思うんですよ。本当に好きならね。好きで好きで色々工夫していった結果、それがものすごくとんがった技術なり個性なりになってね、他の誰にも真似できねえってなったらもう勝ちでしょう。
 
好きでもない仕事を我慢してやるくらいなら、他のもっとその仕事が好きで上手にできる人に任せてしまえば良いのです。比較優位の原則から言ってもこの選択が合理的だと思う。
 
 

自分の価値観でキャリアを選ぶべき

 
僕がこんなことをくどくどと書いて何を伝えたいかというと、前時代的な価値観に振り回されずに、もっテキトーに、自分らしく生きればいいんよってこと。多少いまの生活が貧乏になったとしても、死ぬことはないしね。
 
だから、いったん「お金なんて必要ない!」と宣言して、その上で、自分が人生でどうやってキャリアを描いていくか、考えたほうがいいということです。
お金ベースで物事を考えるのをやめて、自分の「好き」に従うということ。
 
お金はあとからついてくるだろうし、ついてこなかったとしても、これが最低限何とかやっていけるんですよ。このあたりのリスクは、どんどん小さくなっていっています。
むしろ、企業に身を捧げてあくせく働くことのリスキーさが目立ちつつあるなというのが、僕の所感です。
 
働き方のパラダイム・シフトは起こりつつあります。
 
それではまた。
 
 
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
リンダ・グラットン プレジデント社 2012-07-28
売り上げランキング : 1216

by ヨメレバ
 
 
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です