ユダヤ人のように、「何もしない日」が僕たちにも必要だ

 

どうもウノモトです。

 

たぶんブログを始めてから1ヶ月くらい経ちました。

手応えとしては、「まだまだ成果は上がらんのう…」と言ったところなので、もっと頑張りたいなあと思っております。がしかし。

 

僕の場合、ちょっと頑張りすぎてることがあるんですよね。

知らず知らずのうちにです。

ブログを始める前からけっこう色んな活動や仕事をしていたので、それだけでも忙しかったのに、ブログも毎日更新して、デザインとかも改善して、なんてやってたらもう大変。

 

徹底的な自己管理で何とか切り抜けようとするのですけど、それだっていつも絶対上手く行くわけではありません。

何とか辻褄をあわせるためにオーバーワークになりがちでした。

エネルギーが切れてくると、体調を崩して風邪をひいたりもします。

 

unomoto3.hatenablog.jp

 

もとからメンタルも強い方ではないので、少しでも生活がぐらつくと軽〜くメンヘラモードになってしまうこともしばしば。

 

こんなことでは長いこと続けていけません。

ブログ運営の何よりのキモは継続って言いますからね。

 

そして身体は何よりの資本です。

それがダメになってはどうしようもない。

 

 

 

何もしない日を作る

 

そこでこれからは土曜日を「何もしないデー」と定めたいと思いたちました。

文字通り、土曜日は生産的な活動を何もしないことにするのです。

 

 

シャバトを取り入れる

 

ユダヤ教では土曜日がシャバトといって、安息日なんですよね(キリスト教は日曜日)。

金曜日の日没から始まって、土曜日の日没まで、いっさいの労働(家事や火をつけること、電気をつけることまで含まれる)を禁じているそうです。

 

仕事のことを考えたり、仕事に関する本を読むのもダメ。

ただただゆっくりと家族との団らんを楽しんだり、リラックスをするそうです。

 

僕は何もユダヤ教信者でも何でもない無宗教の、ごく普通の日本人ではありますが、毎週土曜日は一週間の振り返りをしています。

一週間どんなことに時間を使ったか、お金を使ったかなどを点検して、それから次の一週間の予定を立てたりするんですよね。

この振り返りについてはまた後日書きたいなあと思います。

 

ユダヤ人に対しては何となく本を読んだりしているうちにシンパシーを感じるところが前からあって、彼らのシャバトという習慣と、僕の土曜日の振り返りの習慣がリンクして、この「何もしないデー」というアイデアが生まれました。

 

実際にやってみると…

 

そしてこの前の土曜日、実践に移してみました。

 

まずは普段通り朝起きて、一週間の振り返り。

 

それが終わって、さあどうしよう?

散歩に出かけてみて、しばらく歩いたあと、カフェで読書をしたりしていました。

もうなんというかひっさびさの穏やかな時間という感じでしたね笑

 

実際に「何もしない」というのは難しいもので、僕なんかは常に何かしていないと不安なので、すごくムズムズとしてしまいます。

 

でもこれが良かったんです。

翌日はその反動か、受けていた仕事もサササーっという感じで進みましたし、何よりエネルギーが満ち足りていて、充電がきちんとできたような心持ちでした。

 

果たしてこの習慣が大きく見てプラスになるのかマイナスになるのか、そこはもうちょっと長期的な検証が必要ではありますが、しばらくは続けてみたいと思います。

 

 

最近オーバーワーク気味やなあという方、今週末にちょっと試してみるのはなかなかアリですよ。

 

さて今週も頑張って参りましょう。

 

それではまた。

 

自分を「最高に高める」頭の使い方 (知的生きかた文庫)

自分を「最高に高める」頭の使い方 (知的生きかた文庫)

 

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です