【時間管理】Togglのススメ、その活用法

f:id:unomoto3:20170403093339p:plain

 
どうもウノモトです。
 
時間管理、できてますか??
「時は金なり」なんて耳が痛いほど聞きますよね。
 
「時間がお金くらい大切なことくらい、言われなくてもわかってるよ!!」
と言いたくなるところですけど、これがなかなか難しい。
 
かく言う僕も気づけば何か別のことをやっていたり(特にネット上で)、
ものすごく行動の脱線が多かったんです。
 
アタマの興味があっちへ行ったり、こっちへ行ったり、そして挙句には
「あれ、何をしてたんだっけ」と言っていました。
そんなこんなで一日が終わり、取り立てて可も不可もない一日だったニャー。
なーんてことはザラでした。
 
そんな生活を大きく改善してくれたのがTogglというサービスです。
生産性を向上させたい人や、生活の充実感を得たい人にオススメなんです。
 
 

togglって、ナニ?

 
一言で言うと、togglは時間管理サービスです。
ポチっとボタンを押せば記録が始まり、何にどれだけの時間を使ったか、一目で分かるようになるというスグレモノです。
(調べてみると、このサービスを開発したToggl OÜというチームはエストニアの首都タリンの人たちなんですね、ほえ〜)
 
記録した時間はオンライン上にデータとして蓄積されていき、デバイス間で共有が可能です。
基本的にはスマホなどで一日の行動を記録して(パソコン用のアプリを使うこともあるけど)そしてWebの自分のアカウントにログインして自分の記録したデータを確認するというのが主な使い方です。
 

togglで得られるコト

 
「なーんだ、普通じゃん」なんて言わないでくださいね〜。
 
これが使ってみると驚きの効果なんです。
 

目の前のことに集中できる

 
何か行動する前にポチッとtogglのボタンを押す、そして終わったらタイマーを切る。
たったこれだけのことなんですが、目の前のことに断然集中できるのですよ。
 
おそらく、自分が今何をやっているのかということが明確になるからですね。
目的意識がついて、あまり脱線しなくなりました。
「あれ、何やってたんだっけ?」が本当になくなります。
 

時間の見える化

 
記録するだけではなく、自分の時間をどう使ったかについても確認します。
そうするとあらびっくり、こんなことに時間使ってたのか…とガクゼンです。
 
例えば必要以上の時間をシャワーや食事に当てていたり、あとは移動ですね。寄り道しなければもっと早く帰れるものを、ダラダラとそこに時間をかけたりしていたり。
 
でもそこから少しずつ改善していって、反省して、徐々にスマートな過ごし方ができるようになってきます。
お金に関しても支出管理が大事ですけど、タイムトラッキングは時間の支出管理なんですね〜。
 

どうやって使うのか

 
なるほどなるほど。やってみたい?
ではオススメの使い方を紹介したいと思います。
 

まずはアプリをダウンロード、一週間チャレンジ

 
では何はともあれ始めることが大事です。そして慣れることです。
 
アプリをダウンロードして(必要ならデスクトップ版も)、ひとまずは何か行動する前にボタンを押し、時間に名前をつけて、終わったらタイマーストップ。
これをひとまず一週間はやってみましょう。始めのうちは習慣になっていないのであまりストイックにならずにゆる~く使ってみるのがイイと思います。
 

時間を仕分けしてみよう

 
一週間もやってみると、自分が何に時間を使っているのかだいたい分かってきます。
次はそれらを仕分けしてみてましょう。ざっくりとしていてもオッケー。
食事、移動、睡眠、リラックスタイム、仕事、勉強、読書、情報収集、趣味などなど。
こんな感じでTogglのプロジェクトに登録しておくのです。色分けしておくと便利ですね。
 
なぜこれをするのかというと、理由は2つあります。
記録するときにいちいち名前をつけなくてもいいようにするのが一つ。
 

週末にチェック

 
そしてもう一つはまとまったデータを見直して、改善に役立てる目的です。
WebのTogglのサイトに行ってログインすると、自分の記録した時間をレポートにしてくれています。グラフになっていてわかりやすいですよ。
 

f:id:unomoto3:20170403092728p:plain

(使った時間が少ない順に並んでいます。一番多い緑色が睡眠時間)

 
それを見ながら、時間の使い方について改善していくのですね。
あ〜、もっとこの時間削ってこっちに割り振ろう〜。みたいな感じです。
要は自分の時間投資のポートフォリオですね。この材料があると考えの幅が広がりますよ。
 
例えば僕は週末になるとこの作業をします。一週間のデータを見るんです。そうすると次の一週間の方向性が見えてきたりするわけです。
これらの繰り返しで徐々に、しかし着実に生産性、ひいては生活の充実感が上がっていくんですね。
 

まずは一週間やってみよう

 
でも、まずは一週間、思い出したときにちょこっと記録するというだけでも変化はあると思います。ここはひとまずやってみてはいかがでしょうか。
 
ちきりんさんではないですけど、Togglで自分の時間を取り戻しましょう。
 
またね。
 
 
 

f:id:unomoto3:20170403093358p:plain

(1時間半でこの記事書いたよ) 
 
 
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です